安芸郡熊野町

【深原地区公園】手作りアスレチックのブランコでハイジ気分!?

深原地区公園

安芸郡熊野町の、のどかな自然の中にある公園『深原地区公園』。
園内は、幼児~小学校低学年まで遊べそうな小さめの複合遊具や、手作りのアスレチック遊具、ボール遊びなどが出来る広場などがございます。

そんな深原地区公園の一番の魅力は手作りアスレチックコーナー。
木やロープで出来たレトロな遊具は、童心に帰って夢中になれる事間違いなし。
そのアスレチックでハイジ気分になれるブランコ発見しましたので、深原地区公園を知ってる人も知らない人もぜひ、読んで遊んでみて下さい。

ムラサキアカチャン
ムラサキアカチャン
ま~あくまでもハイジ”気分”ね!

深原地区公園

アスレチックは展望広場にございます。
アスレチックが目的の場合は、多目的前の駐車場だと遠いので、東部地域健康センターの駐車場を利用しましょう。

複合遊具編

こちらは乳幼児向けの複合遊具です。
多目的広場前の駐車場からすぐのところにございます。
ブランコもあり、小さい子ならそれなりに遊べるかな!?

東部地域健康センター裏の複合遊具と健康器具が置いてある広場。

すべり台は鉄板のすべり台プラスチックのすべり台がございます。

※夏場は鉄板のすべり台はめちゃくちゃ熱いので火傷に気を付けて下さい。

このプラスチックのトンネル型すべり台は、イモムシみたいな形状になっているから、滑るとボコボコして楽しいよ。

上から見ると中はこんな感じ。

大人用の健康器具。
ジャンプして何cm届くか?という健康器具もあるので、子供はこの健康器具を楽しそうに遊んでましたよ。(因みに小学2年生は180cmのとこまででした)

アスレチック編

アスレチックは展望広場にあります。
多目的広場前からなら、この運動不足な大人には厳しめの階段を上って行きます。

斜面は急ですが、階段を上る事4~5分で到着。
展望広場にはこの様にベンチがございますので、ここでお弁当を食べても気持ちいと思います。

そして、いよいよアスレチックコーナーへ!
ここの公園は自分の責任で自由に遊ぶが基本コンセプトなので、大人が気を付けながら子供と楽しく遊びましょう

●タイヤのターザンロープ

まず、目の前に飛び込んできたのがアスレチックの定番ターザンロープ。
楽しそう~~~。

あっ。

このターザンロープは途中下車スタイルです。
中腹で激しい振動とともに停止します。

恐らくワイヤーの固定位置が経年劣化で下がったのかな?

ムラサキアカチャン
ムラサキアカチャン
細かい事は気にしない

●丸太ステップ

こちらもアスレチックの定番ですね。
遊び飽きた子供は片足ケンケンで遊んでみると難易度が上がって楽しいよ。

●ロープ渡り

最近の安全性をクリアした既製品の遊具ではないので結構揺れる。
ただ、渡りにくくて楽しいよ。

ハンモック

ゆらゆら気持ちい~。

●くもの巣ネットとタイヤブランコ

網が大きめなので、渡りにくさUP。
隣のタイヤブランコは普通に楽しめます。

●大型ブランコ

大人数で座ってブランコにしてもいいし、立ってゆらゆら遊んでもいいし、遊び方自由。
楽しい遊び方を見つけて下さい。

●ハイジ気分になれるブランコ

このブランコ伝わりにくいかもしれないですけど、森の中に飛び込んでいくように漕げるので、爽快感抜群です。

※ポイントは、写真の方向を向いて漕ぐ事(森に向かって座る)。

一応、大人も乗ってみて問題なかったので、耐久性も問題ないかと思います。

広島で一番ハイジ気分になれるブランコかも?
楽しいですよ~。

詳細とアクセス

  • 遊べる年齢:幼児~大人
  • 遊べる時間:1~2時間
  • 施設利用料:無料
  • 駐 車 場:あり
  • 授 乳 室:なし
  • おむつ替え:あり
  • ト イ レ:あり
  • 雨 の 日:✖
  • 喫 煙 場 所:ー
  • お出かけ日:2020年8月
  • 公 式 H P:熊野町HP

●一言メモ

アスレチック好きにはたまらない遊び場。
規模感的にはトモビオパークの方が大きいので、ここから車で3分程のトモビオパークとセットで遊びに行くといいと思います。