東広島市

世界遺産で話題の古墳が熱い!東広島に前方後円墳【三ツ城古墳】

三ッ城古墳

三ツ城古墳の読み方は、『ミツジョウコフン』
最近話題の世界遺産に登録された大阪の『百舌鳥・古市古墳群』程大きくはないですが(全長500m)、広島の古墳としては県下最大規模なので、広島の人には一度みてもらいたいです。

大きさは、全長92メートル、幅67メートル、高さ約13メートルの古墳で、広島県内では最大の古墳である

大きい(写真では伝わりにくい)

古墳の一番高いところからの景色。

国の史跡にも指定されている三ツ城古墳。

後円部より1号墳、丁度鍵穴みたいな形の丸の部分ですね。2号古墳と3号古墳は鍵穴の前に二つある小さな古墳ですね。

因みに古墳とは、古代、土を高く盛り上げた有力者の墓です。

ムラサキアカチャン
ムラサキアカチャン
近くにオススメの牧場もあるので後でどうぞ

古墳を近くでみてみよう

三つの古墳があるので、それぞれ拝見させて頂きました。

それぞれ特徴がありますので、簡単に解説していきます。

1号古墳

お墓

今は石が詰められていました。

説明、ここのお墓は[古代の安芸の国の大豪族]、要するに安芸の国の偉い人のお墓だったみたいです。

2号古墳に向かう道、小さい茶色の四角の部分が2号古墳です。

2号古墳

お墓

説明、ここは奥さんが埋葬されていたという話、はっきりわかっているわけではない。

3号古墳

お墓

説明、ここは1号古墳の豪族の子供が埋葬されたのではないか?とういう話。

こちらもはっきりしているわけではない。

その他の施設(遊具、資料館)

少しですが、遊具もあります。

資料館は、古墳について説明して下さる係の方もいてとても勉強になりました。

落ち着いた色合いのキレイな遊具

キレイ目なアスレチック。

小学校低学年まで遊べるぐらいの規模。

ムラサキアカチャン
ムラサキアカチャン
遊び足りない子はこちらもどうぞ

広島県の古墳を学べる資料館

資料館、ここでは三ツ城古墳の歴史が学べるだけではなく広島県の古墳についても資料があります。

スタッフが中に常駐されていましたので、古墳について詳しくお話も聞けます。

そのお話しの中で、先ほどの各古墳の埋葬者のお話しであるとか、古墳の整備費用(約5憶円)とか貴重なお話しも聞けました。

記念にスタンプを押せますよ(#^.^#)

大事なアクセス

広島の西条町ではあるのですが、少し山の方ですので車で行かれた方がいいかと思います。

ちょっと公共交通機関では難しいかも(;´∀`)

まとめ:史跡好きにオススメ

広島最大の古墳とあって迫力満点。

正直この古墳を見に行くまでは古墳に興味はなかったですが、ここに遊びに行って、古墳の大きさ、古墳の歴史、広島にもたくさんの古墳があることが分かりに興味が湧いてきました。

また、機会がありましたら古墳も巡ってみたいと思います。

近くの東広島市立中央図書館にて、三ツ城ガイダンスコーナーがございますので、古墳に興味が湧いたのなら行ってみてはいかがでしょうか?

このエントリーをはてなブックマークに追加